毎月のお稽古スケジュールやお知らせもあります。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
麻布教室
1日(金)
15日(金)
16日(土)
22日(金)
23日(土)

日本橋教室
3日(日)
17日(日)
24日(日)

合宿
網代「松風苑」
8日(金)〜10日(日)
金曜日には間に合いませんでしたが月下美人が咲きました。
時間をおって開いていく様はとても神秘的です。




ご一緒した珠ちゃんから昨夜のパーティーの主役である作家、世川行介さんのお写真が届きましたので遅ればせながらアップさせていただきます。

主役なのだからスーツでと思った世川さんでしたが皆様に「プッ!」と噴出されたり駄目出しの多さに折角彦根から持ってきたスーツは晴れの場所で日の目を見ることがありませんでした。

いつもの世川さんのお姿です。

スーツ姿を見て見たかったなぁ。
私も皆様と同じように噴出さない自信は‥‥あるかなぁ。
一番乗りの翠さんとお稽古を始めた途端くしゃみが止まらなくなりました。

なんでなんで〜〜。

ティッシュを横に置き全く色気もそっけもあったもんじゃございません。

翠さんが入れてくれたお茶を飲み一息入れたら何とか治りました。ホッ。

皆様がいらっしゃる頃は何事もなくお稽古が出来やれやれでございました。

槻君は「里を離れし」お三味線最後までたどり着きましたよ。
お初の嶋さんと丞君と槻君がそれぞれご挨拶。

よろしくね。
ということでカシャリ。

私も翠さんとご一緒にカシャリ。


皆様お疲れ様でした。
今は彦根にお住いの世川行介さんの著書
「世川行介放浪日記 貧乏歌舞伎町篇」
「世川行介放浪日記 愛欲上野篇」
の出版記念パーティーが行われました。



1月には「本能寺奇伝」が出版されてますので今年に入り3冊の著書が生まれました。

「本能寺奇伝」の続編を待つ声が出版社に多数届いているといいます。
その続編となる「豊臣奇譚」も既に印刷出版を待つばかりとなっていますので今年中にもう一冊誕生することになります。
「放浪日記」の第3弾も来年早々には店頭に並ぶのではないかと思われます。
応援している私達にとってもとても喜ばしいことでございます。

そんな今日のお祝いの席では山口拓東京都議会議員はじめ沢山のお客様から心のこもった温かい言葉が贈られました。
そして浅草「ひばり」のママによる魂を揺さぶる素晴らしい歌声に会場は酔いました。


司会を務めた私は写真を撮る時間もなく「ひばり」ママの一葉を収めるだけとなりました。

愛する麻雀、パチンコは世川さんの大切な1人企画会議の場となり今後益々の執筆活動が期待されます。

世川さんおめでとうございます。
見学の方がいらっしゃいましたのでご一緒にカシャリ。

すっかりお食事も終わってから撮りましたのでテーブルは閑散としています。
作った時にカシャリした分を〜。

トウモロコシ入りポテトサラダ。

明太子人参炒め。
明日のお稽古日の開花を願ってたのですが連日の雨と涼しさに月下美人は大きくなってくれません。

それでももしかしたらと奥の方にあった鉢をズリズリと引きずり出しましたらアララ。


隠れてましたがもう1つ蕾がありましたよ。


明日も雨模様のようですから咲くのは無理なのでしょうかねぇ。

明日皆様がいらっしゃる時に咲いてくれたら嬉しいんだけどなぁ。

先日、家人が「き」君に電話してました。

大きな声ですので聞き耳をたてずとも丸聞こえです。
また面倒な事を頼んでるようです。

「丸いビンに植物を入れて〜〜〜〜。

だから〜〜丸くてこの位の大きさで〜〜。」

困った「き」君は私に電話を代わる事を要求。

「何を言ってるのかわからないんだけど。」
と「き」君。

家人の机の上には切手が入ってた丸い瓶が空になって置いてあります。
どうやらこの中で植物を育てたいと思ってるらしいということが分かりました。

きっとテレビででもそんな番組があったのでしょう。
かくして「き」君と私は
「瓶の中で植物を育てる」でネット検索。

どうやら「テラリウム」といって容器の中で苔を育てるのが家人が求めているものらしいと判明。

「どれがいいの?」と聞いても「分からない」と家人。
仕方がないので適当に選んでネット注文。

今朝それが届きました。
家人が喜ぶだろうと思ったのに喜んだのは喜んだのですが
「作っといて。」
「えええぇぇぇ〜〜なんですかそれ‥‥‥。」

で、

4層に土を入れ、昔富士山で拾ったという石を入れ瓶の外から見るとこんな感じ。

これなる苔を植えます。

瓶の口が小さいので結構大変です。

霧を吹いて完成。

「出来たわよ〜〜。」と家人の部屋に持ってったら寝てました。
ご苦労様ですワタシ‥‥‥。
珠ちゃんからいただいた「すいか麦茶」

珠ちゃんは珍しい物を見つける天才です。

袋を開けた途端に

「西瓜だ〜〜!」

今度ぜひ皆様もご賞味くださいませ。
麻布お稽古場にございます。

日本橋にもお持ちしましょうね。

再び月下美人に蕾がついてるのを発見しました。

嬉しい朝です。



金曜日に咲いてくれたらお見事と拍手いたしましょう。
頑張れ頑張れ〜〜。
以前はお盆の時期は田舎のお墓参りをすることが当たり前のように思っていましたが両親が亡くなり家人を置いて留守にするのが難しくなりこの数年は行けずにいます。
そんなお盆の入りの今日は祖父母や父母のことを思い出しておりました。

幸い妹と甥がお墓を護ってくれてますので有難いことです。

そして今日は私が東京に嫁ぐ時に祖母に言われた言葉が何故か思い出されてしかたありませんでした。

「務まらないと思ったらいつでも戻ってこいよ。」

祖母の言葉があったから色々あったけど今まで踏ん張れたのかなぁなどと思ったりして。

今日はお線香多めにしました。


眠気を堪えながらの譜面書き作業。

書き終えてみたものの何か変。

何度も数えてみるものの教本より1小節多いのです。
初めから指で確認してみるとアリャリャン。

空白の小節がありやんした。

取り敢えずバッテン印で無かった事にしてみたけれどもっと元気な時に書き直そうかなぁ。



賑やかなお稽古場でございました。

珍しく嶋さん、明さんもご一緒にカシャリ。



明さんのお若い頃のお話をお聞きしました。

帰省する翠さんはさのまる君と同じ電車に乗ったそうで写真が届きました。
佐野駅で下車したさのまる君が翠さんに手を振ってくれたそうですよ。
可愛いですね。
翠さん行ってらっしゃい。
昨夜から降り続いた雨が止んだ朝、窓を開けたらお隣の屋根に、
わぉ。

鳩がいっぱいです。

みんなで雨宿りしてるのかな。

臨時お稽古日とした明日は思いの外たくさんの方がお稽古にいらっしゃるようでございます。

明日は申し訳有りませんが手抜きをして洋服でお稽古させていただきますのでご了承くださいませ。

かぼちゃも冷蔵庫で出番を待ってます。

トマトもチーズもセロリも〜〜。

先週どなたか缶ビールをそっと置いてってくださってましたが飲んじゃっていいでしょうか?

史さんかなぁ?

帰省なさった皆様は田舎でのんびりでしょうか。

明日は茄子と満願寺唐辛子やシシトウを素揚げして生姜醤油で食べようかなぁ。
たまには素朴な夏の味もいいかもしれませんね。

私の田舎はこの時期きゅうり揉みも欠かせない味でした。

さて賑やかになりそうな明日のお稽古日ですがお休みしないでおいでくださいませね〜〜。



カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
8
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
春日とよ芝鳳
性別:
女性
自己紹介:
お江戸東京は麻布飯倉と日本橋で小唄のお稽古をしています。
ご興味のあるかたは是非ホームページをご覧ください。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
"春日とよ芝鳳" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.