毎月のお稽古スケジュールやお知らせもあります。
1 2 3 4 5 6 7 8 9
4月始めの栄芝会に出演後、浜松でお仕事に精出していらっしゃる浦さん。

そろそろ今日あたりは上京しても良さそうな。

浦さ〜〜ん お稽古ですよ〜〜!

鰹のぬたをカシャリして呼んでみよう。
買い物に出ようと思ってましたら急に雨が降ってきました。

小止みになったらと思ってるうちまぁ降るわ降るわ。
雷までゴロゴロ鳴り出しました。

そして1時間経った今、笑うしかない程に激しい降りになりました。

お天道様が草臥れるのを待つとしましょうか。
1月の「本能寺奇伝」に続き「世川行介放浪日記 貧乏歌舞伎町篇」が本日発売になりました。

三省堂でゲットしたと珠ちゃんから画像が届きました。


珠ちゃんありがとう〜〜!

7月には「放浪日記第2弾」が発売になる予定です。

「放浪日記」は20年に渡り放浪生活を続ける世川さんが日々のあれこれを書き綴ったものです。

信じられないようなことが次々巻き起こり、と言うかご本人自ら引き寄せると言うか、切なさと可笑しさと哀しさと楽しさが溢れる、日記なのに小説のような一冊です。
どうか皆様、本屋さんでお求めになってお読みくださいませ。

世川さんは今は「本能寺奇伝第2弾」を執筆中です。
ひょっとしたら一年に4冊の出版となる可能性もあります。
頑張れ頑張れ世川さん。
秋に向けての師範の皆様の課題曲が出揃いました。

13曲選曲いたしましたので一度お稽古した曲でも初心にかえって新しい気持ちで取り組んでいただきたいと思っています。

○あの日から(本、替)
○一の谷
○かぐや姫
○狐踊り
○凍る夜
○新地から(本、替)
○宝船(本、替)
○波の上
○春立つや
○博多流し(本、上)
○見えぬ浅間
○箕輪心中(本、上)
○雪はしんしん
麻布教室
   2日(金)
   3日(土)
   9日(金)
  16日(金)
  17日(土)
  23日(金)
  24日(土)

日本橋教室
   4日(日)
  11日(日)
  18日(日)
  25日(日)


春日会研究会
  26日(月) 日本橋三越劇場
大好きな紅茶アールグレイをこんなにたくさん頂戴しました。

アールグレイはフレーバーティーの元祖とも言われるものでその語源は英国のグレイ伯爵の名から採られています。

と説明書に記されています。

ほうほう伯爵のお名前だったのですね。

優雅な気分になるのも頷けます。

さてこんなにとりどりのアールグレイを前にどれからいただこうか迷ってしまいます。

皆様ならどちらになさいますか。

ふむ、やっぱり賞味期限の近いものからいただくとしましょうか。

ありゃりゃ伯爵様の思考とはほど遠いようでございます。
今日は6時までのお稽古と皆様にご無理を言ったのですが慌てることもなく順調にお稽古が進みました。
麻さんと柏君は久々のお稽古でしたがお二人とも自主練してたようでお三味線の指がとてもスムーズに動きなんとも頼もしいことでした。

史さん、柳さん、翠さん、頼さん、家人とご一緒にカシャリ。


翠さんがお三味線保存用の破れた和紙の袋を手縫いしてくださって感激です。

破れたら今迄はせいぜいテープを貼るくらいしか思いつかなかったのですがこんなに丁寧に補修されてお三味線も幸せです。
翠さんの音色が良い訳はこういうちょっとした心遣いが影響しているかもしれませんね。
ジャズに全力を傾けていらした4月の荻さん。
5月7日(日)のステージを無事にご立派に務められて今日から小唄に復帰なさいました。

荻さんお帰りなさい〜!

と乾杯したのに宴の写真を撮り忘れ、全て片付いた状態でカシャリとなりました。

しかも優さん、渋さん、明さんはお帰りになった後でのカシャリ。

はなさんに撮っていただきました。







朝からトントン切ったり茹でたり炒めたり盛ったりエトセトラ。

少々腰が痛くなってまいりました。
腰もトントン。

出来たお菜を少しばかりカシャリ。




おっとお掃除もまだでした。

頑張ります!
5月21日(日) 午後1時開演

会場 下町風俗資料館
旧吉田屋酒店


曲目
○櫓下
○うから
○しんの夜中
○髪結新三
○かやうり
○狐踊り

唄 春日とよ芝鳳
糸 春日とよ芝浩


下町お散歩がてらお越しくださいませ。
とってもお久しぶり感いっぱいの明日のお稽古日。

腕によりをかけて(?)お待ちしております。

明日も暑そうですね。

もう単衣でも良いでしょうかねぇ。

明日はお野菜ばっかりかと思えるメニューになりました。
朝からトントントントン刻みます。

お待ちしてま〜〜す!
昨年の「芝鳳会」から半年が過ぎていよいよ次回の三越に向けての積立てを始めたいと思います。

「私は積立てなんかしなくても大丈夫よ〜。」

とおっしゃる方はそれでも結構でございます。

柳さんが積立ての袋を作ってくださいましたので今月からよろしくお願いいたします。


昨日の真夏日があって今日もさぞや暑かろうと思っていましたが思いの外、涼しい一日でございました。
家人のお供で行った歯医者さんの待合室で左側から吹き付ける冷風を1時間以上浴びた私は少々風邪気味です。
市販の風邪薬を飲んで気持ちを奮い立たせ麻布十番まで早足で買い物の用事を済ませたら汗びっしょり。
着替えてそのままお夕飯の支度をしているうちに何とか風邪は撃退できたような。

お出汁をとったり茹で物をするのは風邪の初期には効き目があるような。

とにかく風邪なんぞ引いてるわけにはいかないのです。

などと強がってるうちに夜は更けてまいりました。

どなた様もご機嫌よくおやすみなさいませ。

今日は気温が29度まで上昇し真夏の暑さでございました。
皆様ご体調崩したりしてらっしゃいませんか。

連休があったりで今週のお稽古日が随分久しぶりのような気がいたしますがお知らせしてありますお稽古日程に多少の変更が生じましたのでご連絡申し上げます。

今週の土曜日13日のお稽古は所用がございまして甚だ勝手ながら午後6時終了とさせていただきますのでご了承くださいませ。

21日(日)の日本橋教室のお稽古日が春日会恒例の「谷中小唄めぐり」に出演となりましたのでお稽古時間を午後3時からとさせていただきます。

終了次第なるべく早くお稽古場に直行いたしますが
日本橋教室は4時終了ですのでお稽古時間が1時間程しかございません。
麻布教室に変更可能な方は日程変更してくださいますようお願いいたします。

「谷中小唄めぐり」会場は台東区有形文化財「旧吉田屋酒店」台東区上野桜木

お三味線を弾いてくださるのは頼もしい芝浩先生でございます。

沢山のお客様のお越しをお待ち申し上げます。

東京文化会館をびっしりのお客様で埋めて「第10回東京バーバーズ・ショー」が開催されました。

我が芝鳳会の荻さんはメンバーの中で最高齢とのことですがダンディーさにかけては群を抜き素晴らしいステージでございました。

ご一緒した煌さんからのお写真をアップいたします。



今日の日を迎えるまでには大変な努力を必要とした事と想像いたします。

沢山の曲を覚えるだけではなく振りが付き、曲毎に立ち位置の移動があるのですから考えただけで頭がクラクラしそうです。

それなのに大変さを微塵も感じさせず、楽しそうなステージは観る者に元気をもたらす素晴らしいものでした。

荻さん楽しいひと時をありがとうございました。

今月からまた小唄のお稽古頑張りましょうね〜〜。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
6
27 29 30
プロフィール
HN:
春日とよ芝鳳
性別:
女性
自己紹介:
お江戸東京は麻布飯倉と日本橋で小唄のお稽古をしています。
ご興味のあるかたは是非ホームページをご覧ください。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
"春日とよ芝鳳" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.