毎月のお稽古スケジュールやお知らせもあります。
1 2 3 4
6月のうちにまさかの梅雨が明け一気に真夏日が続いています。
こんな暑さで着物は修行僧のよう。

「帯を締めるからお着物は涼しいんですよ。」

誰だそんな事を言う人は。
と言いたいのをじっと我慢して涼しく微笑んでチントンシャン。

今日も暑さに負けずお稽古においでくださった皆様お疲れ様でございます。
皆様涼しげな笑顔がとっても素敵ですね。
このあと槻君もおいでくださいました。
朝は強い雨が降りましたが日本橋教室に向かう頃はすっきりと上がり暑い日差しが照りつける1日となりました。

麻さん1番乗りでバッチリお稽古できました。

その後続々と皆様がいらして途切れずにお稽古お稽古〜。

柳さんのお嬢様の帰国お土産はとってもお洒落なチョコレートです。

お稽古が終わりお疲れ様会に直行。
喉カラカラお腹ペコペコ。

どど〜〜んと出てきたこれなる品を見て誰かが言いました。
「これお通しですか?」
「んな訳ない。
頼んだのだ。」

それにしても私。
お稽古場を後にしてビルを出る寸前にタチバナの方のサンダルを履いてきたことに気が付きびっくり。

我が社中には以前に会社のスリッパを履いて信号待ちをしていたという方もいらっしゃいましたっけ。

皆様お足元にはくれぐれもご注意を。
朝、弓さんから沢山の美味しいお品が届きました。
一部をカシャリ。

弓さんお心遣いありがとうございました。
昨日もおいでくださってとても嬉しかったです。

日本橋教室では吉さんが浅草「桃太郎」のお団子をお持ちくださいました。

吉さんご馳走さま〜〜とカシャリ。


咲さんとイさんも頂戴しましたよ。

イさんからは金沢のお土産頂戴しました。


帰りは雨が少しずつ強くなりつつありましたが皆様ご無事にお帰りになりましたでしょうか。

明日の通勤時にはくれぐれもお気を付けくださいませ。
あれこれの演奏会に向けてそれぞれが合わせ稽古をする段階になりました。

何度も合わせて円やかな演奏になります。
お互いの息を測ることができ信頼が生まれます。

9月1日(土)「浴衣会」では男性、女性の合唱曲があるのをついついウッカリ先延ばしにしていた感があり思い出してドッキリ。

今日も槻君が「聞いてませんでした。」状態。

ごめんなさいよ。

皆様
○男性は「五万石」
○女性は「白扇」
を唄います。

お三味線は
○男性は「白扇」
○女性は「五万石」
を弾きます。

よろしくお願いいたします。

本日の皆様をカシャリ。

嶋さんはご挨拶だけでお帰りになりました。
お元気になってまたご一緒にお稽古いたしましょうね。
新しいタチバナにもすっかり慣れ、綺麗な着物や小物に囲まれ気持ちよくお稽古しています。

佐さん、柳さん、咲さんをカシャリ。
皆様素敵な笑顔です。


史さん、吉さん、槻君も頑張りました。

今日見学にいらしたのは中国から日本の会社に研修にいらしたイさん。

いきなり「白扇」の体験お稽古でびっくりされたかもしれませんがギター経験者のイさんは理解が早く「難しい」とおっしゃりながら意欲的にお稽古をなさいました。

来月からは金曜日に麻布にお稽古にいらっしゃいますので皆様よろしくお願いいたします。
浴衣会に向けてお稽古がそろそろと始まりました。

咲さんは「おぼこ」

正さんは「満月」

柳さんは「住吉」

史さんは「青いガス灯」

珠ちゃんは「廻り燈籠」

嶋さんは「青いガス灯」の糸と踊り

槻君は「花の雲」「世の中は」



かくしてお稽古終了後は久々のこちらへ。

珠ちゃん初参加。
屋形船お花見の会に向けて日曜日のお稽古は今回が最後となります。

日曜日のみのお稽古となる咲さんは初めて珠ちゃんと合わせ稽古を行いました。

咲さんは「雪はしんしん」二上りを11本で唄い、続けて「待てというなら」三下りは一の糸を上げて1本で唄うことになります。

しっとり切ない女心を唄った後に「のほほんで暮らしゃんせ」と粋に唄い放つ咲さんの味わい深い小唄をお楽しみに。

金曜日から本日までお稽古場は大いに賑わい楽しゅうございました。
明日は「邦楽研究部」の皆様の下浚いでございます。
どっぷり小唄三昧でございます。

本日の皆様をカシャリ。
槻君はこの後いらしたので残念ながらご一緒できませんでした。
槻君は金曜日か土曜日にお稽古にいらっしゃいますよ。
今年初のお稽古となる槻君は屋形船お花見の曲「里を離れし」「腹の立つとき」をお稽古しました。

柳さん、正さん、咲さんがお帰りになり翠さん、嶋さん、槻君の3人でカシャリ。

槻君は久しぶりの長時間の正座で足が痺れてしまった模様です。
「どこどこ〜」と揶揄うお姉様方と槻君。


お稽古終了後いつものお店に行きましたら「今日は5時から」との事。

テーブル配置が変わって小綺麗になっててアレレな感じ。
はたして来週も5時から?

それならばと3時から空いてるお店へ。

今日は翠さんと2人で将来に繋がるかもしれない随分と濃いお話ができました。

神谷町からの帰り道で沈丁花の芳香に誘われてカシャリ。
絹さんとマダム旅から帰国した佐さんが久しぶりにお元気なお姿を見せてくださいました。

柳さんは端唄「香に迷う」
正さんは「障子舟」「どうした拍子」「腕守り」
咲さんは「雪はしんしん」「待てというなら」
佐さんは「かぐや姫」
史さんは「初座敷」「女役者」「川水」
嶋さんは「向島名所」「五万石」

唄とお三味線をしっかりお稽古いたしました。

お稽古が終わって佐さん、史さん、嶋さんとすっかりお馴染みになった感じのアグー豚のお店へ直行。

皆様良い笑顔です。
わたしも〜。

日本橋教室のお稽古の後に舟さんと邦楽研究部のお嬢様お二人と教室近くのお店で盛り上がりました。

嶋さん、晴さんご一緒できたら良かったですね。

舟さんの嬉しそうなお顔をカシャリ。

美女お二人をカシャリ。

本日一押しの一品です。

アグー豚命の店主さんと店員さんをカシャリ。
親子さんかと思いきや違うそうな。
よく似てらっしゃいます。


お勧めのお酒は「梅一輪」
これは呑まずにはいられません。
本日の日本橋教室は正さん、晴さん、嶋さんの3名でたっぷり充実のお稽古でございました。

正さん繰り返し繰り返し「障子舟」「どうした拍子」のお稽古。
細かい節が定着してくれてることを願います。

「腕守り」は合唱ですので他の方に合わせること、飛び出さないことをお願いしました。

晴さんは日本橋教室が初めてでした。

「五万石」「勝名のり」唄もお三味線も初心者と思えない早さで習得してくれてます。

嶋さんは「凍る夜」「向島名所」
初見で難なくお三味線を弾きこなすのは流石です。
頑張って声を出すお稽古に力を入れましょうね。

嶋さんと晴さんは今日が初対面でしたがお稽古終了後お二人で例のあぐー豚のお店にいらっしゃいました。
きっとお話が弾んだでしょうね。

今度は私も連れてってね。

そこで井さんと丞君にご連絡です。
お花見で晴さんが唄う予定だった「踊り屋台」が「腕守り」に変更になりました。
井さん、丞君、「腕守り」のお三味線よろしくお願いいたしますね〜〜。
ギョッと言う声が聞こえたような‥‥。

頑張れ〜〜!
今日の日本橋教室は佐さん、柳さん、正さんとのんびりお稽古でございました。

佐さんと柳さんと今週火曜日の「邦楽研究部」の皆様の糸担当のお話をしているうちにハタと気づきました。

お花見屋形船にご一緒する芝鳳会の皆様も一曲ずつ唄うことになっていたのをすっかり忘れていたのでした。

帰宅して確認したところ次の皆様が曲を決めなくてはならないようですわよ。
珠ちゃん、煌さん、頼さん、咲さん、丞君、吉さん、晴さん。

史さん、正さん、浦さん、雲さん、舟さんは「栄芝会」を翌日に控え丁度良い下浚いとなりますね。

糸担当軍団の佐さん、柳さん、井さんも一曲ずつ如何でしょうか。

9月1日(土)芝鳳会浴衣会では
合唱曲
○五万石「唄 男性 糸 女性」
○白扇 「唄 女性 糸 男性」
こちらのお稽古も合わせて行ってまいりますのでよろしくお願いいたします。
日曜日は鍵とカードがないとビルに入れず帰る時にも何やら手順があるということで「ま」君に説明を受けながら
「みんなも良く聞いておいてね。」
と丸投げを計る私。

一番乗りの柳さんと史さんは私が1階までお迎えに。
あとは皆様にお任せしてお稽古をしながらチャンスを待つ。

そして佐さんをお迎えに行った史さんの到着を待って暗くなった店内で一斉にハピバースディ〜〜。

暗闇に驚く史さんと佐さんとケーキを持った煌さんが影絵のよう。

史さんおめでとうございます。
半世紀だとかおっしゃってましたがお若い史さんです。

ケーキを切り分けてカシャリ


あれ佐さんはどこを見てらっしゃるのかな?
はいこちら。


嶋さんと私とカシャリ。


お稽古が終わって別れ難い我々一行は交差点近くの「串屋横丁」へ。
なんと4時から開店しているという有難いお店で楽しく乾杯したのでありました。



日曜日のお決まりコースになりそうな予感がします。
ひゃひゃ。
明日は新しいタチバナでの初稽古です。

私の携帯にお電話くだされば一階まで降りますので着きましたらご連絡くださいませ。

お待ちしております。
今日は長いこと日本橋教室としてお世話になったタチバナでの最後のお稽古となりました。

これまで様々なイベントに向けての合同稽古や「芝鳳会」の下浚いや「小鳥の会」など広い店内を自由に使って沢山の思い出を刻んだ場所でしたが今日でお別れとなると寂しさが募ります。

階下からお客様と社員の方とのお喋りが聞こえてくるのも好ましく大好きな場所でした。

社員の皆様にも言葉にならない程にお世話になりました。

衣桁の晴れ着も片付けられダンボールが積み重ねられた引越し間近の日本橋教室でカシャリ。



新しいタチバナは小伝馬町駅徒歩1分もかからないビルの8階に移転いたします。
落ち着いたら新しいタチバナでお稽古できると良いなぁと思っているのですが。

それまでは日本橋教室二軒隣の正さんのマンションのマルチルームがお稽古場となります。

早速来週はそちらでのお稽古でございますのでお間違いなきようにお願いいたします。

タチバナの皆様これまで沢山沢山お世話になりました。
本当にありがとうございました。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 7
9 12
15 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
春日とよ芝鳳
性別:
女性
自己紹介:
お江戸東京は麻布飯倉と日本橋で小唄のお稽古をしています。
ご興味のあるかたは是非ホームページをご覧ください。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
"春日とよ芝鳳" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.