毎月のお稽古スケジュールやお知らせもあります。
87 86 85 84 83 82 81 80 78 79 77
行ってきました、新橋演舞場「桂春団治」。
開演30分前に楽屋口から入り、佳さんの楽屋へお邪魔しました。
出演者も裏方さんも準備におおわらわで歴史が感じられる楽屋の隅々に華やかさと緊張感がみなぎっています。
佳さんは最初の役が芸者さんなので赤い細襟の付いた肌着と部屋着、頭は鬘下ですがお化粧はすっかり出来てなんとも妖艶な雰囲気です。
あまり開演前にお邪魔するわけにもいきませんので早々に失礼したのですが、玄関までの長い廊下に沿って楽屋や流し、お風呂などがあり、長い間のいろいろな役者の方たちの喜怒哀楽がさぞやしみ込んでいるのだろうと想像し、佳さんがブログに書いてあったお話もさもありなんと思えるのです。

会場は満員ですが私たち13名は何人かずつ離れているものの佳さんが手配してくださったおかげでとても良いお席です。

幕が開き、寄席への木戸口の賑わいの中、人力車に乗って通りかかった芸者さんの台詞からお芝居が始まるのですが、この芸者さんの声が何とも張りがあって華やかでお芝居への期待も膨らみます。
そう、この芸者さんが佳さんでした。
今回は3役早代わりでした。
「佳さんを探せ」なんていってましたが私にはしっかり分かりましたよ。
何人か芸者さんがいらっしゃいましたがやっぱり着物の着こなし、物腰など一番綺麗でしたね。
豆さんは風邪のため行けなかったので本当に残念でした。
私は明日又行きますが、明日からダブルキャストのため変わる方もいらっしゃるようでそれも楽しみです。

佳さん充分睡眠を取って明日も頑張ってくださいね。
 この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメントVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
ホントだ!
楽しかったですねぇ。
ホントに、センセーのブログと私のブログ
書き出しが同じ!!ははは!

実は3人目の佳世子さんが発見できなかった私です・・・
URL 2007年04月15日 日曜日 23時01分 コメント編集
むふふ・・・
みんなが明らかに「佳さんだ!」と思った2人の佳さんの間にカフェの白いエプロン姿で舞台の左から右に男性と二人連れで通った佳さんを発見!
全然お顔を客席に向けなかったけれども声が佳さんでした。
先程確認しましたのでまっちがいない!
むふふ・・・どうだぁ!
芝鳳 2007年04月15日 日曜日 23時17分 コメント編集
 この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
春日とよ芝鳳
性別:
女性
自己紹介:
お江戸東京は麻布飯倉と日本橋で小唄のお稽古をしています。
ご興味のあるかたは是非ホームページをご覧ください。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
"春日とよ芝鳳" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.