毎月のお稽古スケジュールやお知らせもあります。
90 89 88 87 86 85 84 83 82 81 80
昨夜、則さんからお電話があり夏合宿の課題曲の話題になりました。
唄は比較的早く正確に覚えられると言うのに何故かお三味線はお世辞にも出来るとは言えません。
「じゃ私は百叩き(お三味線の1の糸、2の糸、3の糸をそれぞれ100回づつ弾く)をすればいいんですね。」といつも確認するものの実行している気配は全く無く、これでは前回の夏合宿の再現となるのは目に見えています。
そこで今日は「白扇」と「三社祭」をテープに入れて譜面と一緒に則さんの所に届けることにしたのです。
朝から寒く、雨も降ってきた為かお客様もいらっしゃいません。
母上もお帰りになったようでお店には則さんだけでした。
いつものようにお話があっちに飛び、こっちに飛び・・・一瞬、選挙の話では冷たい空気が流れたりしながらも新しい運転免許証を見せてくれたり・・・。
私はお客様がいらっしゃるかと時折外へ目を向けるのですが「あ、こういう日はだめなんです。」と以外にあっさりしたものです。
先日の目撃証言が気になっていた私は「足の具合はどう?」と聞いてみました。
「温灸をやってるので大分いいんです。」と言いながらもやはり痛そうに見えます。
お客様が無さそうなので「則さん、虎ノ門に行こう!」と半ば強引にクリニックに連れ出しました。
銀座からは地下鉄で二つ目ですからあっという間に着き、そこは眼科ですのでいろいろな目の検査の結果、眼圧が高く白内障と緑内障の疑いがあることが分かりました。

でも今日の目的はプラセンタ注射です。
股関節が痛いと言っていましたが腰の骨の位置に問題があるようです。
女医さんはプラセンタ注射の後、しばらく則さんの腰のあたりに手をかざして不思議な動きをさせています。
女医さんが退室した後、看護士さんに
「先生がなさったのは気功ですか?」と尋ねたところ
「はい、でも初めて見ました。」
気功をする眼科の若い女医さんって何だかちょっと謎めいてませんか?
でも不思議!
あれほど注射を嫌がってた則さんが
「杖が無くても歩ける。ほら見て!」
と無邪気に喜んでいるのです。
連れてった私もこれにはびっくり。
女医さんは「そうですよ。位置を治しましたから。でも癖になってますから一週間後にまた来てください。」

初心料も含めて5300円。
あっという間の出来事ですから時間的にも経済的にも本当に信じられない位ですが、私の時も今回の則さんの時も確かにめざましく回復したのは事実なのです。

プラセンタとは・・・
食事、運動、睡眠、休養といった生活習慣の中でつくられるゆがみや障害などの修復、再生に大いに活躍してくれます。
というもののようです。
 この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメントVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
腰痛よりも
緑内障が心配です。最悪失明だし、血ドロドロってことは糖尿や血管詰まりの病気が。

もう63才の御大だから、三味線も大変だ。ちゃんとバランスのいい食事とってるのやら。

市議選真っ直中のわが町で、バイクで選挙カーと擦れ違った時「バイクのご主人、ご声援ありがとうございます」って声援してねえっつうの。ご主人って。前回選挙でトップ当選した衆議院議員を兄に持つ生意気な市議だ。同世代。となりの市川市ではプリティ長島が市議に出馬中。そっちの方がおもしろそう。
2007年04月19日 木曜日 00時20分 コメント編集
あちこち
本人によると近くの電気椅子治療も受けているので悪いところが出てきているのだそうで・・・
出てきても治らなきゃどうしようもないと思うのだけれども・・・
芝鳳 2007年04月19日 木曜日 01時09分 コメント編集
 この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
春日とよ芝鳳
性別:
女性
自己紹介:
お江戸東京は麻布飯倉と日本橋で小唄のお稽古をしています。
ご興味のあるかたは是非ホームページをご覧ください。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
"春日とよ芝鳳" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.