毎月のお稽古スケジュールやお知らせもあります。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
そんなわけで

こちらも来週になりました。

この頃なんとなく男性が多いお稽古場です。
この後で優さんもいらっしゃいました。
柚子ジャムを使ってこちら。


翠さんに食べる寸前に火を通して照りをつけていただきましょう。

けっこうな量のにんにくを入れましたので差し障りのある方は御免なさいよ。
作ってみたけど違いが分からない。

菜花の辛子和えとチヂミほうれん草煮浸し。


ふむ彩が足りない。
ということで
にしんと浅葱の酢味噌和え。


これからもう一品、優さんが作ってくださった柚子ジャムを使って何が出来ますかお楽しみに。
失敗したらごめんなさい。

おでん有ります。
明日はどうやら浦さんがいらっしゃる模様です。

史さん、井さん、渋さんのお名前もありますし待ちに待ったこれなる薬湯の出番かな。

丞君もぜひ〜〜。

先月、出版記念パーティーで「寿鶴」をお祝いとして演奏させていただきましたがその折のご本「本能寺奇伝」がなんとアマゾン歴史小説ランキングで一位に輝きました。

嬉しいですね。

彩雲出版の社長さんが帯に
「この本が売れなければ出版社やめます‥‥というくらいメチャ面白い」
かなり力を入れてくださってます。
もし本屋さんに無かったらぜひ取り寄せてお読みください。
本当に面白いです。
2月26日(日)開催の「晴三寿々会」に向けてNHK教室で合わせ稽古がありました。
お稽古が終わり一駅前で下車して今日も歩きました。

麻布十番から赤羽橋に向かう途中で河津桜をカシャリ。


赤羽橋駅近くの公園の海堂はどうかと回り道をしてみました。
蕾はまだまだ固く綻ぶ気配はみえませんが確実に春の訪れが感じられる頃となりました。

とはいえ明日は寒気がやって来るようです。

皆様寒さ対策万全でお過ごしくださいませ。
日頃の運動不足を解消すべく寒風をきって歩きました。

途中で出会った早咲きの桜や紅梅をカシャリ。


役目を終えたゴーヤのプランターの隅に綺麗な花を見つけました。


このまま枯れてしまっては勿体無いので小さい鉢に移植しました。
家人が帰って来る頃にはテーブルの上に乗せておきましょう。

それにしてもお前は何処から来たの?
昨日あたりが食べ頃だなぁと眺めていた椎茸が今夜はこんな開いた姿に。


他には芽が出てくる気配がありませんがもう少し様子をみましょう。

取り敢えずはこの大きな椎茸を食することにいたします。
英寿先生の演奏会は何故か雨か雪で龍神様の申し子のようでしたのに卆寿をお祝いする今日は晴天に恵まれました。

英寿先生の卆寿は雨男の卒業ということでしょうか。

今日の会は早くからチケットが完売で楽屋にはチケットが取れませんでしたとお祝いにおいでになるお客様が沢山いらっしゃいました。

英寿先生の新しいCDを頂戴しました!


三題の演奏が終わり再び幕が上がり広い舞台にお一人で正座でご挨拶なさる英寿先生の佇まいの美しさに胸を打たれました。

「愛の会」は今日限りとのことですが何か別の形で英寿先生の演奏をお聞きする機会が出来ますようにと心から願います。

「女夫万歳」の演奏が終わり楽屋前でカシャリ。


兼豊さんとご一緒にカシャリ。


おいでくださいましたお客様誠にありがとうございました。
ご一緒してくださいました皆様ありがとうございました。
今日も皆様真面目にお稽古いたしました。

真面目に。ホントです。

相変わらずの思いつき料理。

あさつき、炙りしめ鯖、人参、金柑の酢味噌和え。

今日はお稽古日ですよ〜。
思えば金曜日に皆さんとお夕飯をご一緒している時に急に鳴り出した事もありましたっけ。

今日のお昼前に時間を気にしながらお稽古してましたら時計の針が全く進んでない事に気が付きびっくり。

新しい電池と交換しても動きません。

カチコチカチコチと音はしていても秒針が動きません。
「頑張れ」と声をかけ暫くそのままにしてましたら夜になって秒針が動き出したようで少しだけ針が進んでいるのを発見。

以前のように使えるかしらと時間を合わせてテーブルに置きましたら引っ切り無しにピッピピッピと鳴り出してその度に驚きます。

お稽古中や就寝中にピッピピッピ鳴られたら堪りませんが何だか捨てるには忍びない。

お前とはいつから一緒だったんだろうねぇ。




すっきりしたお着物姿の英寿先生に「女夫万歳」をお聞きいただきました。

とても卆寿とは思えない若々しいお姿でいつも適切なご指導をくださいます。

お写真をカシャリする勇気はさすがにございませんので代わりと言っては何でございますがバレンタイン仕様のどら焼きとお目出度い松のお湯呑みをカシャリ。


帰り道で歌舞伎座をカシャリ。


胡蝶蘭2号が咲いてます。

おや後ろに右京さんが。
1ヶ月以上前に栽培を始めた椎茸ですがなかなか置く場所が難しくて育ってくれませんでした。

覆うビニール袋に水滴が付いてる状態が望ましいという事らしいのですが霧吹きで小まめに湿らせても人間が居る場所では外からの光や暖房ですぐ乾いてしまって駄目でした。

玄関やお稽古部屋などいろいろ場所を変えてみたのですが椎茸さんのお気に召さないご様子が分かります。

10日ほど前からお風呂場に置いてみましたらオヤ居心地が良さそうな気配。

ビニール袋には常に水滴が付いてます。

そして本日このように椎茸が姿を見せてくれました。
一個だけ。

これじゃ翠さんに喜んでもらえないよ。

もっと頑張って出ておいで。

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
春日とよ芝鳳
性別:
女性
自己紹介:
お江戸東京は麻布飯倉と日本橋で小唄のお稽古をしています。
ご興味のあるかたは是非ホームページをご覧ください。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
"春日とよ芝鳳" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.