毎月のお稽古スケジュールやお知らせもあります。
1 2 3 4 5 6 7 8
栄芝会
4月9日(日)三越劇場
10時45分開演

今日は春日会館で下浚いが行われました。

一階から三階までたくさんのお弟子さんが集まり
「ほたる茶屋」
「大川や.都鳥」
「桜みよとて.夜桜や」
「深川くずし」「深川節」

合唱から始まり個人の出し物まで昼食をはさんで長時間に渡る下浚いです。

本番より緊張すると皆様がおっしゃいますが確かに下浚いが終わった後の安堵感は格別のものがあります。

とはいうものの4月3日はお囃子さんと踊りの方々が入っての下浚い、そして9日の本番まではさらなる上達を目指して頑張る日々となります。

ご出演の皆様お風邪など召されませんように体調管理よろしくお願いいたします。
今日は通常の小唄のお稽古でございました。

予定では今日が荻さん邸でのお花見だったのですが荻さんの勘で来週に延期になったことで私達は来週の日曜日に荻さん邸で満開の桜にお目にかかれそうでございます。

歩きながらや車の中からのお花見しか経験がありませんので荻さん邸でのお花見が今からとても楽しみでございます。

芝鳳会からなんと15〜16名の参加と大人数で押し寄せることになり荻さんはじめご家族の皆様には大変お世話をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

感謝の気持ちをこめて浜松から楊貴妃がおいでになるかもしれず事情通の皆さんが心待ちにしているところでございます。(なんのこっちゃ)

ワクワク。

その前に明日は春日会館で栄芝会の下浚いでございます。
自分の唄を後回しにしてましたので青くなってこれから一夜漬け頑張ります。
ひょぇ〜〜!

頑張れ芝鳳!
お天気に恵まれ第20回目の「如月会」は紫緒さん、紫乃さんを中心にして皆様の気持ちが一つになったとても素敵な会となりました。

緊張しましたが楽しい舞台でございました。

終演後の楽屋で皆様とカシャリ。


楽屋においでくださった荻さんとご一緒に。


私の帰りを待っててくださった皆様に居酒屋さんで打ち上げしていただきました。


ありがとうございました。
内幸町ホールで午後7時開演でございます。

廓の仇夢
竹生島

20回目の「如月会」

皆様のお越しをお待ち申し上げます。


ご近所の春をカシャリ。
夕方でしたので薄暗く美しさが半分ですが。

海堂は満開

狸穴公園の桜はチラホラ。

木蓮は艶やかに。
「栄芝会」に向けての合わせ稽古は今日でひとまず押入れに仕舞い込み今夜から24日(金)「如月会」まではどっぷり常磐津の世界に浸ります。

〜どうぞ殺してくださりませ〜

〜出るに出られぬ籠の鳥〜

と「小紫」の台詞を何度も深夜に繰り返す私の声にびっくりする人はいないことを願いつつ。

佐さんと涼さんにご連絡です。
「大川や.都鳥」の糸は「チントンシャン」で終わらずに「シャラガシャラガシャン」の繰り返しになってましたのでよろしくお願いいたします。
今日は朝からの雨で気温も下がり冬に逆戻りしたかのようなお天気ですのに東京に開花宣言が出されました。

全国で東京が開花宣言の一番乗りだそうです。

とここまで書いたところで睡魔が襲ってまいりました。

これからお風呂に入っておやすみとまいりましょう。

どなた様もおやすみなさいませ〜〜。

明日も頑張ります!
今週の金曜日に迫った「如月会」の明日は下浚いでございます。

常磐津紫緒さんと常磐津紫乃さんが「如月会」を結成されてから今年で20年。

20回目の「如月会」は奇しくも毎回会場としていらっしゃる内幸町ホールと同い年なのだそうでございます。

毎年続けるというのは並大抵のことではありません。
この偉業ともいえる「如月会」を継続していらっしゃるお二人は常磐津に対する熱い思いを秘めながらも実はとてもおっとり穏やかな方々なのでございます。
今年は
廓の仇夢 ー権八ー
竹生島



午後7時開演でございます。

どうぞたくさんのお客様のお越しをお待ち申し上げます。

と、お二人の舞台が大成功となりますように私はねじり鉢巻で頑張らなくちゃでございます。

もうすぐ85歳をお迎えになる正さんはなんと2週間のイタリア旅行から昨日お帰りになったそうな。

しかもお一人でツアーに参加なさったとのこと。

昨日お帰りになって今日はお元気にお稽古においでになりました。

「なぜワタクシが行ったかと申しますと!」
と正さんは突然お話始めました。

大きな船の船長さんだった今は亡き旦那様がいつも寄港していた島を一目ご覧になりたかったとのこと。

嬉しそうにお話になる正さんの目には確かにハートが見えたような。


正さん素敵!
とお稽古の手を止めてうっとりご覧になる佐さんでした。
今日は明さんをカシャリしようとしてたはずなのに何かに気を取られていたようで今日も撮れず仕舞いになりました。

明さん、渋さん、煌さん、ハナさん、麻さんとご一緒にのんびりお稽古いたしました。

たまにはこんな日も良いですね。

ハナさんから頂戴しました。
桜色ですね。
今日はどうやら少人数のようでございます。

お名前を眺めましたら

ふむ、こりゃ全て完成した状態でお待ちするのがよろしいかも。

ということで白粉を振った鰯を焼いてしまいました。
本当ならば熱々を食べていただきたいところですがお稽古が始まったらそんな時間はありません。

冷めてパリッと感が失せてしまいますが画像で出来立ての味をご想像くださいませ。

ただ香ばしい匂いが部屋中充満してますので間も無くいらっしゃる明さんには申し訳ないことでごさいます。
明さんごめんなさい。

居酒屋ではございません。(拝)


肉系も完成品でお待ちいたしましょう。
芝鳳麗こと尾上佳よ子が出演する「第37回菊の会 尾上菊一郎を偲ぶ会 三回忌追善」に行ってまいりました。


開演時には既に空席を探すのが大変なほどの沢山のお客様でした。

開演から終演までたっぷりと皆様の渾身の舞台を楽しませていただきました。

佳よ子さんは新橋小いく(尾上菊應)さんとご一緒に「雪の隅田川」を踊られましたがお二人とも美しく夢のような舞台でございました。

会主の菊保先生と墨雪先生との「時雨西行」は言葉が出ないほどの精神の深みが舞台に表れ家元の菊之丞さんと紫さんの「千代の友鶴」は若々しく清々しく格調高い舞台でございました。

おかげさまで1日優雅な気分で過ごさせていただきました。

さあ明日からまた頑張りましょう。

先ほどひかりさんからまたワクワクするお話を頂戴して楽しくなってまいりましたよ。ウフフ。
「栄芝会」
4月9日(日)三越劇場 10時45分開演

お稽古場でプログラムを頂戴してまいりました。

合唱「大川や・都鳥」には唄に正さん、優さん、涼さん、糸に佐さんをお願いしていたのですが今回も恒例の「まさか!」が涼さんの身に降りかかりました。
なんと糸に佐さんと並んで涼さんのお名前があるではありませんか。

全くお三味線のお稽古をしてませんが何とか涼さんの事ですから頑張ってくださることでしょう。

涼さん頑張ろうね。

他の社中に反対に糸が唄になってた方があって交替しましょうかというお話が出ましたがプログラム通りにしましょうと落ち着きました。

今のところ「まさか!」はそれだけのようですが‥‥。
外は雨になりました。

雨の音を聞きながらたまには今日のうちにおやすみとまいりましょうか。

一日中座ってお稽古三昧でしたので膝が少々草臥れました。

明日はお稽古の成果が出ると嬉しいなあ。

それではどなた様もおやすみなさいませ。
荻さん邸でのお花見に向けて朝から工作しています。
折角皆さんでお邪魔するのですからお花を愛でるだけではなく私達の日頃のお稽古の成果を荻さん邸の桜に聞いていただきましょうということで「梅は咲いたか」を合奏することが昨夜決まりました。
というか決めました。

「梅は咲いたか」を5番まで譜面に書いて歌詞だけのと繋げて取り敢えず16部作りました。

お稽古にいらした方に順次お配りしますので覚えてくださいませね。

お三味線を持って行こうかなぁという方は絶好の機会ですので弾き唄いに挑戦してみたら如何でしょうか。
皆さんご一緒ですので少々の間違いはご愛嬌ということで楽しく演奏したいと思っております。

荻さんよろしくお願いいたします。
今月お誕生日の煌さん、荻さん、ハナさんのお三方。
恥ずかしがりやさんのハナさんの代わりにわたしがカシャリ。
ハナさんは後ろにちょっとだけ写ってます。

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
春日とよ芝鳳
性別:
女性
自己紹介:
お江戸東京は麻布飯倉と日本橋で小唄のお稽古をしています。
ご興味のあるかたは是非ホームページをご覧ください。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
"春日とよ芝鳳" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.